【恋愛小説】サヨナラは6月のララバイ

6月の初旬、晴天のカルスト展望台で偶然、昔の彼女に出会った。 「2月以来だな。」 突然の再開に声も出ない彼女。 「夏服も似合うんだな。その帽子も。」 言葉をつないでも視線を合わせない彼女。 そうか。き … 続きを読む 【恋愛小説】サヨナラは6月のララバイ