【恋愛小説】サヨナラは6月のララバイ

6月の初旬、晴天のカルスト展望台で偶然、昔の彼女に出会った。

「2月以来だな。」

突然の再開に声も出ない彼女。

「夏服も似合うんだな。その帽子も。」

言葉をつないでも視線を合わせない彼女

そうか。きっと近くに新しい彼氏がいるんだろう。

この時になってやっと二人の関係は終わってたんだと実感した。

「じゃあ、、、」

「また」という言葉はつなげられなかった。

固まったまま動かない彼女に言葉を残し、僕は踵を返した。

『男は振り返らないものだ。』そう言ったのは親父だったか爺さんだったか。僕は車に乗り込み、ドアを閉め、一呼吸ついてからキーをひねった。

あと一週もすれば梅雨だ。

「山でも歩くか…」エンジンの咆哮とともに息を吹き返したクーラーが、僕のつぶやきを後方に流していった。

 

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。