キャンプに行って芝生の上で遊ぶなら、フリスビーが最高さ!

キャンプに行ったらまず散策。知らない場所をそぞろ歩くのは楽しいものです。そしてもしキャンプ場で芝生や広場を見つけたならば、皆さん何をして遊びますか。そんなときに僕は、断然、フリスビーをお薦めします!

フリスビーの思い出

僕の記憶が確かなら、フリスビーは1970年代の終わりから80年代にかけて日本で大ヒットした。最初は、西海岸推しのPOPEYEあたりが火を付けたんじゃなかったかな。

1970年代の日本は「とにかくカリフォルニアから来たものはなんでも格好いい」という時代で、フリスビーよりも少し前になるけれども、自転車だとヤンクル(実際はSUZUKI製w)が今で言うBMX的に来たり、コカ・コーラのヨーヨーなんかもブームが来てた。

そんな中、フリスビーは運動にもなるし大学生辺りが遊んでも様になるということで、一過性のブームで終わらずに、誰でも手軽に楽しめるスポーツとして定着してきた感がある。

フリスビーってどうやって遊ぶの?

プラスチックのお皿(ディスク)を回転させるように横投げで投げて、基本的には相手の胸元に届くようにします。キャッチボールのように2人でやっても良いですし、みんなで輪になって順繰りにディスクを回していってもいい。

まあ、論よりRUNで動画を見てみて下さい。

動画の中で「ジョン跳べ!」とか言ってますが、これは人と犬がフリスビーで遊ぶ競技がありましてそれを模しております(笑)

ちなみにこの動画は、広場についてフリスビーを始めたばかりのものですが、1時間もやるとこれがみんな上手になっていくんですねー。

ちゃんと相手の胸元に届くようになったり、片手でキャッチしたり。その上達がとても楽しいんです。

フリスビーとキャッチボールの比較

あなたが永遠の野球少年であればきっとキャッチボールを薦めてくるでしょう。キャンプ場によってはボールとグローブを貸し出してくれるところもありますから、それも良いと思います。

それでもこのシチュエーションにおいては、僕は断然、フリスビーをお薦めします。なぜでしょうか。

その疑問に答えるために、フリスビーとキャッチボールを比較してみます。

キャッチボールフリスビー
楽しさ◎ 楽しい◎ 楽しい
道具△ ボールとグローブ◎ ディスクだけ
参加人数△ グローブの数に限定◎ 2人から8人くらい
参加者△ 経験者が主◎ 老若男女問わず
投げ方△ 縦投げ(肩痛くなる)◎ 横投げ(肩痛くない)
上達△ 上達はしない◎ 割とすぐに上達する
フリスビーとキャッチボールの比較

どうでしょう、子どもから大人まで一緒に楽しめて、だんだん上手くなっていくのを実感できる軽度のスポーツ。

ほーらね、キャンプに行って芝生の上で遊ぶなら、やっぱりフリスビーが最高でしょ!

キャンプに行くときにはディスクを1枚荷物に忍ばせとくと良いですよ!

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。