キャンプ場の散策は楽しい、楽しいけど

皆さん、キャンプ場に行ったらまず何をして遊びます? やっぱりまずは散策ですよね。

散策はキャンプ場に到着してから、最初に周りの状況を把握するのにとても役立つと思います。

まず最初に自分のサイトと駐車場の位置関係を把握して、管理棟をみつけてお金の支払いと注意事項の確認を終え、炭を捨てる場所とごみを捨てる場所を押さえて、トイレの場所を確認して、子供たちが遊べる公園と遊具が分かったら、森の小道を散策し、湖とか崖とかそういう危ない場所もチェックしながら歩く。

キャンプ場の散策は楽しい

大きな声では言えませんがもちろん、お隣のテントや持ち物ののブランドチェックも楽しいです(笑)

初めて行った知らない場所を歩くのはとても楽しいですし、気持ちもよく、特にキャンプにおいては正しく間違いなく良いことだと思います。危険を察知する意味でもね。

今、森はちょっと危ないんだぜって話し

キャンプ場にも危ない場所はある

キャンプ場での話ですが、僕の友人はサイトと駐車場の位置関係を把握しないまま小道に迷い込み、鹿10匹と遭遇しました。彼の夜の話しでは「象10匹と出会ったー!」なんて笑ってましたが、一歩間違えれば鹿に食い殺されていたはずw

ま、それは冗談ですが、ここんとこ農作物に対する獣害が増えておりまして割と「野生の動物が里まで降りてきている」というのは認識しておいたほうが良いかもしれません。鹿なんかは植林の若木の柔らかい皮だけを食べたり柔らかい新芽を食い散らかしたりとか大変なんですよ。キャンプ場でも鹿のちっこい丸っこいウンコを見るでしょ。そこらへんにいるんです。

あなたのすぐ傍に野生動物はいます。

去年、調査で入った山の山頂にあったため池
調査で入った山頂のため池、すごい綺麗だった。

ちなみに日ごろ人が入らないような山に入りますと、猪用の箱罠なんかは普通に見かけますし「この先、縄罠あります」なんて立看もたまに見ます(縄はかなり怖い)。 朝早く山に釣りに行くと猿とか狸ぽいのやウリ坊は見かけます。

狩猟期間はドーンなんて猟銃の音も聞きますし、禁猟期間でも里山を歩いてますと散弾のプラカスなんかも見かけたりします。自転車で山道を走ってたらクマに注意なんて立看も普通にあります。ちょっとだけ街を離れるとそんなもん。(幸いなことに野生の熊は見たことがありませんが)

お前、どんな田舎に住んでんだよー!って怒られそうですが、いや、あなたの側まで野生動物は来てますよって話です。なのでどのくらい安全で、どのくらい危険かを把握するためにもキャンプの時の散策は必要だなーって思うんです。

閑話休題

はい。ここで閑話休題です。みなさんのお知恵を拝借です。野生動物が里に降りてきて農作物に影響を与えないための良い方法ないですかねえ。

今は電柵が主流なんですが、初期費用が高くて取り回しも大変なうえに漏電も怖い。取り回しで言うと夏に雑草が伸びてくると電柵にあたって電気が逃げちゃうもんで、雑草の駆除が大変。猪なんかは賢いのかバカなのか、電気ショックに慣れたり穴掘ったりしちゃうんですよねー。

あとね、ITで電脳案山子とかやってるけど、いまいち良い成果を聞かない。ライオンの糞撒いたり、ドローンでオオカミの声響かせたり、そういうのもやってるみたいですけど決定的な対策がないんです。

野生に近いキャンパーの皆さん、良いアイデアありませんか。

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。