_

タグ:勝山御殿

1863年(文久3年)風雲急を告げる幕末、関門海峡において外国船との間に戦いが起こる。当時の長府藩主毛利元周は、海岸に近い串崎城が危険なため急拠この地に城(勝山御殿)を起工しわずか7ヵ月で完成させた。