_

タグ:大内義長

大内義長は大内氏第17代、最後の当主。大友宗麟の弟。陶晴賢に神輿として担ぎ上げられ大内の当主となるも、陶晴賢が毛利氏に敗れると義長には求心力なく、大内は衰退する一方に。毛利氏の山口に侵攻に伴い高嶺城を捨て長門且山城(下関市の勝山)へ敗走。最終的に長門長福寺(現在の功山寺)で自刃し、ここに大内の系譜が終わる。