_

タグ:姫山伝説

山口市の姫山に残る伝説です。「美人の町娘に惚れた殿様が袖にされ、町娘を蛇の穴に落として責め殺してしまうのですが、その際に『二度とこうした悲劇が生まれぬよう、この山の上から見えるかぎりの土地では、永久に容姿端麗の女性は生まれぬよう』と町娘が呪いをかけた」というものです。