秋吉台にグランピングサイトがオープン「レドンド秋吉台」

秋吉台にグランピングサイトがオープン「レドンド秋吉台」

美祢の秋吉台にグランピングサイトがオープンしたと聞いて早速行ってきました。あわよくばチラチラっと中を見せて欲しいなーなんて思ってね。

秋吉台にグランピングサイトがオープン「レドンド秋吉台」

秋吉台の近くまでやってきました。「秋吉台観光センターで場所を聞けばいいやー」と地図を読まずに来たのですが、レドンド秋吉台は簡単に見つかりました。分かりやすい立地は良いですね。

レドンド秋吉台入口
レドンド秋吉台入口

山口市方面から来るなら、鳳翩山を越えて交差点を直進。秋芳洞のお土産物屋さん、秋吉台展望台、昔の有料(カルストロード)に分かれる交差点の手前にトンネルがありますが、そのトンネルの手前にレドンド秋吉台の入口があります。

ちょっと前まで秋芳洞第3駐車場だったところです(↓GoogleのStreet Maps)。

さっそくお楽しみのレドンド秋吉台へと続く坂を登ってみましょう。

ドーム型のテントとガゼボ
ドーム型のテントとガゼボ

レドンド秋吉台に着いて最初に目を引くのは、白いドーム型のテントです。

ちょっと調べてみるとredondoというのはスペイン語で、玉子形とか丸い形、円形のもの、ふっくらとした、胸が小さい などの意味があるようです。

なるほど。やっぱりあの白い卵型のテントがメインなんだ。あのテントの中でソファに座りながら美味しい料理とワインなんかをやっちゃうってわけ。いやーお洒落なグランピングもいいじゃんね。

ちなみに各テントの横にある黒い建物(ガゼボ)にはトイレやシャワーがあるようです。んー寝るのはテントの中なのかな。ちょっと分かんない。

”ちょっと分かんない”っていうのは、残念ながら駐車場がclosedになっていて車も停まっていなかったので、近づくことも管理人さんにお話を聞くこともできなかったからです。8月10日オープンと聞いてやってきたのですが、もしかしたらこの日は台風が接近してたのでCloseしてたのかもしれませんね。

代わりに公式サイトをリンクしておきますので質問はこちらから。
もちろん、ご予約もこちらから可能です。

https://www.redondo.jp/

それと僕が情報を仕入れた山口宇部経済新聞さんの記事もリンクしておきますね。レドンド秋吉台の運営会社社長さんの言葉も載っていて、とても良い記事なんです。

https://yamaguchi.keizai.biz/headline/4330/

上記記事から一部引用します。

運営は、スーパーホテル山口湯田温泉(山口市)を経営する「ナインバレー」(山口市湯田温泉2)が行う。
(中略)
九谷社長は「スーパーホテルの経営を通じて地元の食材や街歩きを楽しんでもらえる『体験型プラン』を考えてきた。アウトドアにも興味があり、スーパーホテルで培った知見を総動員してグラマラス(豪華)なキャンプを提供するグランピング施設を作った」と話す。

「おしゃれで自慢できるような施設・サービスを提供し、山口県の人に誇りに持ってもらえるものを作りたい。そして、若い人が働きたくなるような、おしゃれで働きやすい職場にしたい」と話す。
管理棟の営業時間は8時~20時。

山口宇部経済新聞

ということで「レドンド秋吉台」で検索すると今、求人情報が検索上位に上がってきてます。
グランピング施設で働いてみたいと思ってる人にはチャンスかもよ。

レドンド秋吉台
レドンド秋吉台

山口県のキャンプ場カテゴリの最新記事