折りたたみテーブル

僕が最初に庭キャンプを楽しむ道具を買うならば、折りたたみテーブル(フォールディングテーブル)を買うことにします。なぜなら野外で料理を食べるのであれば、衛生面からしてもテーブルが必要になるからです。
足の高さを調整できるタイプの折りたたみテーブルであれば、運動会やお花見、海水浴、そしてちょっとしたピクニックにも流用することができますので、特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭には必須のギアになります。

折りたたみテーブルの良いところ

コストパフォーマンスが良い

フォールディングテーブルにキャンプの朝ご飯を並べたところ
長年使っても壊れませんし綺麗なままです

僕が使っているのは、もう20年くらい前に近所のホームセンターで買ったものでメーカーは不明です。当時の価格で5,500円くらいだっと記憶しています。アルミ製なので物置に放っておいても錆びることもなく、いまだに使うことができています。安くて長持ち、つまりフォールディングテーブルはコスパ最高です。

あらゆるシーンで使えて機能的

フォールディングテーブルの脚の高さ
脚を継ぎ足すと70cmの高さです

このモデルは、ご覧のように足を継ぎ足すことが出来ます。継ぎ足した時の盤面の高さは70㎝で、継ぎ足さない時の高さは37cmです。運動会やお花見などレジャーシートを広げて食事をするときには低いままで使うことが出来ますし、キャンプや釣りなどキャンピングチェアと合わせて使う際には足を継ぎ足せばOKなのでとても便利です。

ポータブルで収納性にも優れている

フォールディングテーブルを折りたたんでみる
脚を収納して折りたたむことが出来ます。

折りたたむことができるので収納にも場所を取りませんし、取っ手がついているので持ち運びにも問題ありません。モデルが古いので少々重たいのが難点ですが、庭キャンプで使う分には気になりませんし、アウトドアも車で出かけることが多いのでそこまでの不便を感じることはありません。

僕が今、使っているテーブルの不満な点

今使っている折りたたみテーブルには愛着もありますし、まったく壊れないので買い替える気になれません。ただ微妙な不満、本当にちょっとの不満もあるのです。折りたたみテーブルは長く使えるものだけに、ここを読んでいただいた皆さんには不満のないものをチョイスして頂きたいと思います。

盤面広さがちょっと足りないかな

フォールディングテーブルとキャンピングチェア
ディレクターズチェアに対して少し小さい

このテーブルの盤面は120cm×60cmで、大人4人がキャンピングチェアに座って、テーブルに鍋や皿や飲み物を置いて余裕をもって食事をするには、若干広さが足りない気がします。欲を言えばもう少し大きいサイズ(特に長さ方向)のものを買ってもよかったのかなあと思いますが、まあ、盤面広さについては、収納性やポータビリティとのトレードオフなので仕方ないのかも。。。

盤面高さがちょっと高いかな

フォールディングテーブルとディレクターズチェアの高さの関係
割ときちんと座ってもまだ腕が上がってる感じがする

今使っている折りたたみテーブルの足を継ぎ足した時の盤面高さは70㎝です。キャンピングチェアの座面高さが38㎝なので、身長172の僕がテーブルに手を置くとわずかに腕が上がる感じがするのが気になります。本当に微妙な感覚なのですが、もう10㎝~15㎝テーブルが低ければなあと思います。
ちなみに(欧米人規格なのか分かりませんが)たいていの折りたたみテーブルの足の高さは70㎝になっていますので注意が必要です。

ベストチョイス

  • アルミ製は安くて長持ち
  • 折りたたんでコンパクト収納が可能なもの
  • 足の高さが調整できれば様々なシーンで使える
  • 盤面長さはできれば120cm以上欲しいけど。。。
  • 盤面高さは70cmより低いほうが良い

以上の条件にできるだけ近くて安心できるものを選んでみました。

キャンピングチェアや折りたたみテーブルはいずれ必要性を感じるはずですし、他のイベントにも使いまわしができますので購入をお薦めします。

«  |  »

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。