_

富嶽一景

富嶽一景

やんごとなき理由にて千葉へ。

前日の嵐が嘘のように空が澄み渡った朝、ホテルの窓のカーテンを開けると富士山が見えた。

東京湾越しの富士山
東京湾越しの富士山

東京湾越しに富士山を眺めるなんて30年ぶりのことだ。

前回はそう、当時の彼女と葛西臨海公園を歩いているときだった。

「あの雲みたいなの、富士山よ。」

津田沼出身の彼女だが若干自慢気に言った。

「え、どれだよwww」

薄曇りのその日、富士にかかる雪と雲との境目も不明瞭で、あの雲みたいなのと言われても僕にはどれがどれやら分からない。

それでもなんとか輪郭を探して、すごいねー、富士山ってあんな高いんだねーなんて機嫌を取ったのを思い出す。

幕張
幕張の夕日

いや、今朝の富士を見るまで、このことはすっかり忘れていたのだ。

ボケたわけじゃないけれど、幕張の街はこんな近未来都市だったっけ。ロッテはあの頃もこんなに強かったっけ。30年も経てばいろいろと忘れてることも多い。

思い出したのは、あの頃はマスクもなしにデートもできたし、若いのもあって気楽にあちこち行けたなってこと。

地元に戻って2週間は巣ごもり。

テレワークに入ります。

雑記 日日是好日カテゴリの最新記事