糸米川の源流を巡るショートトリップ

7月23日、本来なら東京オリンピックが始まるはずだった4連休の初日。この日は朝から雨でした。

ここ数年、何度か経験した梅雨の終わりの豪雨。山口県も線状降水帯の一部にかかっていましたので心配をしていましたが、昼前には雲の切れ間も覗き、前から気になっていた庭の草抜きを手っ取り早く終えてひと段落。

空を眺めるとあと1~2時間は持ちそうな感じです。近場を散歩しようということで、最近気に入っている木戸公園を歩いてきました。

木戸公園は親水公園であることをこれまでに何度か書きましたが、木戸公園の横を流れる糸米川(いとよねがわ)を中心に写真を撮ってきました。

最後にちょっとむかつく画もあります。お楽しみに。

いや楽しくはないんだけど…

糸米川を遡ってゆく

木戸神社 脇

木戸公園

糸米川砂防公園

おとどい山リフレッシュロード 脇

たらちねの滝

短い旅でしたが、アゲハチョウのつがいに目を細め、ちょろちょろ逃げるカナヘビを目で追いかけ、また危うく蛇を踏みそうにもなりながらも、川のせせらぎを楽しむことができました。

木戸公園の野外テーブルが焦げてた!

糸米川に満足して、木戸公園の休憩所まで戻ってきたところ木製の野外テーブルが焦げているのを発見してしまいました orz… ナニカンガエテンダ

木製テーブルの上で受皿を置かずに焚火をやったか簡易ウッドストーブでも使ったんでしょう。テーブルの真ん中が炭化しています。

これは酷い。いや酷いというより馬鹿すぎる。ちょっと考えれば木の上で火を使うなんて危ないことだと子供でも分かるでしょう。

もっと怖いのは、これをやった馬鹿もんがテーブルに移った火が消えたのを確認してから逃げたのかどうかです。火種が残っていれば山火事にだってなりかねない。

これはもう放火ですよ、放火。

犯人に告ぐ。防府の怖い消防のおじちゃんの耳に入ったから早めに自首したほうが良いよ。それとお前もう山で火を使うのやめとき。

そのうち山火事起こすで。

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。