【速報】霜降山の温見古道を歩いてきました!癒しの湖は見逃しました(笑)

【速報】霜降山の温見古道を歩いてきました!癒しの湖は見逃しました(笑)

霜降山に温見古道という新たな登山道が作られました。なんでも湖へつながる道を地元の有志が整備されたとのこと。これは行ってみなきゃ。でも、癒しの湖は見逃しました(笑)

ちなみに生粋の宇部っ子は霜降岳なんて言わないんだよ。霜降山。なのでこの記事では霜降山で通します。

霜降山 持世寺側からの入り方

霜降山には5つ6つルートがあるようです。真締川側からは入ったことがあるんだけど、裏から入るのは初めてなので、事前にGoogle Mapsで調査しておきました。

2号線を宇部駅に曲がります
2号線を宇部駅に曲がります
持世寺温泉に曲がります
持世寺温泉に曲がります
杉乃湯の看板を右です
杉乃湯の看板手前を右です

2号線のセブンのある交差点を宇部駅方向に曲がります。しばらく走ると信号があるので持世寺温泉方向に。

山陽本線を越え、厚東川に架かる橋を越え、左カーブを下ると杉乃湯の看板が見えます。

この看板の手前を右に入ります。右に入るとすぐに霜降城跡登山口と”霜降城””持世寺温泉”の歴史を示す看板があります。

この道を車で進める突き当りまで進みます。

山口県指定史跡 霜降城跡登山口
山口県指定史跡 霜降城跡登山口
霜降城と持世寺温泉の歴史
霜降城と持世寺温泉の歴史

本当に突き当りまで行くとバックするしかなくなるので、少し手前の畑の横に車を停めさせてもらいます。

道路わきに駐車
道路わきに駐車

写真の左奥には車が三台程度置けるスペースがあります。空いてればですけれども。

霜降山 登山

霜降山は250mくらいだったかな。ダッシュボードに電話番号を書いた画用紙を置いて、そんじゃ行ってみましょう。

後城へ

裏側から入るので最初に目指すのは後城です。えーと偉そうに言ってますがこのルートは初めてです。耳年増、さーせん。

さ、山に行きましょうと進むと

いきなり二股で困るの
いきなり二股で困るの

ここが車で行ける突き当りなのですが、いきなりの二択です。どっちが霜降山なんだろうなあ。

ここは直進でOK
ここは直進でOK

とりあえず直進!と進んでみたら看板がありました。右の道はすぐに終わってるから、直進でOKでした。

鋼製スリットダムA型を見て
鋼製スリットダムA型を見て
持世寺川沿いを登っていき
持世寺川沿いを登っていき
霜降岳への看板を発見
霜降岳への看板を発見

ここまでゆるゆるです。道もいいしよく踏まれてて獣感もありません。快適ハイキング。

持世寺川を渡って
持世寺川を渡って
緩いのぼりの後に
緩いのぼりの後に
後城と温見の分岐
後城と温見の分岐

ここ!後から考えるとこの分岐を温見にとれば温見古道に続くはず。これが癒しの湖にも通じる道なのだと思います。

道だって悪くないのよ。

これが温見古道に繋がるのだけど…
これが温見古道に繋がるのだけど…
後城へ直進しました。
後城へ直進しました。

そう。温見古道は下りでいっかーなんて思っちゃいましてね。だってさー、やっぱ山行きたいじゃん。
で、こっちの道は急登続きです。稜線までずっとロープの補助があるような感じの急登。まあ、登っても最大で250m。距離も短いので歩きなれてる人なら大した坂ではありません。

稜線に出たよん
稜線に出たよん
後城北峰
後城北峰

稜線に出ればすぐに後城の北峰です。岩に座って「余は満足じゃ」とか写真を撮ろうとしてたら、なにやら人の声が…MTBの団体さんが南峰の林から現れました。

立石:うっは。自転車ってすげーな!www
あんちゃん:ほとんど押してまーすwww

クレイジーボーイズ!
クレイジーボーイズ!

いや、小羽山方向から五差路まで自転車で登るのは分かるけど、そこから前城・本城・後城に来るなんてクレイジーだよw

僕の周りにもいるけど、自転車やってる奴はだいたい頭オカ。写真撮っていーかーい?って聞いたら手を挙げて応えてくれました。

彼ら自転車を抱えながら、ロープを持って、あの坂降りるのか。頑張ってちょ。

後城南峰
後城南峰

後城北峰から南峰へはすぐです。登りで見た温見の分岐が気になるので、後城だけ押さえたら道を引き返そうと考えていたのですが、今戻るとMTBボーイズとかぶります。

本城も行っとくかと計画を変えたのですが、これが正解でした。

南峰を後にして本城へ
南峰を後にして本城へ

後城南峰を本城へ向けて降りたところの、この写真は重要です。

この写真の右にリボンが見えますね。この時は気が付いていませんでしたが、実はここが温見古道の入口なのです。後述します。

本城へ

後城南峰から本城への道はめちゃめちゃ綺麗です。

根っこが神々しい
根っこが神々しい
生命を感じるるる
生命を感じるるる
本城への分岐
本城への分岐

少し高い位置にある本城への分岐にやってきました。ここで本城から降りてこられる方がいらしたので、広い分岐で待っておりました。

立石:こんちわー。
姉さん:こんにちは。

なんだかベテランの雰囲気を感じさせる姉さんなので、温見古道をご存じないか聞いてみました。

姉さん:南峰の鞍部にピンクテープが張ってあったでしょう。あそこから左に入っていくとありますよ。
立石:マジっすか。全然気が付きませんでした。ありがとうございます。

感謝、感謝、大感謝。お礼を言って見送ります。後ろから「写真撮っていいっすかー」と声をかけると、

男前のベテラン姉さん
男前のベテラン姉さん

「おばちゃんなんか撮ってもしようがないよー!」と手を挙げて去ってゆくベテラン姉さんなのでした。かっちょええ。

本城到着
本城到着
霜降山の一等三角点
霜降山の一等三角点

というわけで本城到着です。去年の夏に来たときは鬱蒼として蚊がうっとおしかったのですが、綺麗になってます。やっぱ歩くなら冬が良いな。蚊も蛇もいないし。

今日は温見古道がメインなので、本城はどっちでも良いのですが、それでも一応山頂は踏んどかないとね。

余は満足じゃ
余は満足じゃ

温見古道を行く

教えてもらった後城南峰の鞍部に戻ってきました。リボンがあります。これか。

後城南峰の鞍部にピンクリボン
後城南峰の鞍部にピンクリボン
これが温見古道だった!
これが温見古道だった!

いや、ホント、これは教えてもらわないと気が付かないよ。行ってみましょう。

盛ったばかりの土
盛ったばかりの土
切り株も新しいよ
切り株も新しいよ
あえて残したキノコかな
あえて残したキノコかな

ところどころフレッシュな感じが残っていて気持ちの良い道です。

広場に出てきました。ここは左。
広場に出てきました。ここは左。
最近シダを刈ってくださった様子
最近シダを刈ってくださった様子
沢を渡ります
沢を渡ります

全体に緩い巻き道で、北峰・南峰を避ける登山道なのかなと思わせます。

ここは藪だったのかも
ここは藪だったのかも
徐々に霜降山から離れていきます
徐々に霜降山から離れていきます

リボンがふんだんに結んであるので迷うことはありませんが倒木が横倒しのまま残っているところが何か所かあり「道は良いけどこのまま進んでいいのかな?」と感じさせるところはあります。

あと、このあたりから徐々に霜降山(というか車を停めた方向)から離れていきます。

めっちゃ綺麗に刈ってある
めっちゃ綺麗に刈ってある
史跡境界ってなんすか?
史跡境界ってなんすか?
林道に出てきました
林道に出てきました

ここを曲がったあたりから、昔の畑の跡かなにかとか人里を感じるようになりました。

方向もどんどんずれていきますが、まあ90度くらいなので、少々違うところに出ても歩いて戻れるなと判断はつきます。

持世寺方向に戻るチャンス
持世寺方向に戻るチャンス
こっちが持世寺方向
こっちが持世寺方向
こっちが温見方向
こっちが温見方向

持世寺方向に戻るチャンスその1です。この時点で、持世寺に戻っていればきっと登りの分岐点に達したと思うんですが、ここまで来ると”温見”ってどこなんだろうという気持ちが勝ってまして、行くところまで行ってやろうと考えていました。

持世寺方向に戻るチャンス2
持世寺方向に戻るチャンス2

割とチャンスがあります。チャンス1かチャンス2で持世寺でいっかと諦めたら癒しの湖も見ることが出来たはずなんですよね。

好奇心は猫を殺す(Curiosity killed the cat)ってやつですね。

温見方向へ
温見方向へ
お堂と三蔵法師?
お堂と三蔵法師?

こういうところに立っている像はたいてい弘法大師様なのですが、川向うの像は三蔵法師かなにかに見えました。どなたなのか分かりません。

写真左のお堂の中には仏様とたくさんのお地蔵さまが並んでいらっしゃいました。地元の方がお供えされたであろう新しいお菓子もたくさん見えましたので愛されているお堂のようです。

國明院
國明院

菩薩様の像の下に昭和十年三月國明院と書いてあります。もともとお寺さんがあったのでしょうか。

人家の裏に出てきました
人家の裏に出てきました
猪よけの柵
猪よけの柵
うまく言えないけど登山口
うまく言えないけど登山口

人家というか集会所のようなところに出てきました。きっとこの辺りが温見地区なのでしょう。場所的にはだいたい想像した通りでした。

周りを探ったのですが駐車スペースがないので、ここから入るのはお薦めしません。一応、場所の雰囲気だけお伝えしておきます。

最初に厚東川を渡った橋
最初に厚東川を渡った橋
右に曲がれば登山口
右に曲がれば登山口
車に戻ってきた
車に戻ってきた

今日のルート

霜降山 温見古道
霜降山 温見古道

記事にあるように後城南峰の鞍部からリボンに沿って降りていくと温見古道に入れます(図中●印)。
登りから温見古道に入るなら「温見」と書かれた道標に沿うと良いです。おそらくですが、その道沿いに癒しの湖があるはずです。

地元有志の善意で作られた新道、良い道でした。今回見逃しもあったのでまた行ってみます。

山口宇部経済新聞の記事はこちら

https://yamaguchi.keizai.biz/headline/4138/

追記

開拓者の思いがつまった癒しの湖を見なければ片手落ちってもんです。なので、癒しの湖を見るためだけに翌週も霜降山に行ってきました。癒しの湖にかかわる温見古道の話は下記記事を参照ください。

【続報】霜降山の温見古道を歩いてきました!癒しの湖だけ見てきました(笑)

アウトドアブログカテゴリの最新記事